経済産業省 | 新型コロナウイルスに有効な界面活性剤

2020年5月28日、経済産業省の要請を受けた独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は第4回「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を開催し、新型コロナウイルスを用いた候補物資の検証試験のうち現在までに得られた結果について検討を行いました。

その結果、前回有望であると判断された塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)及び塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)について、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。

これにより、有効と判断された界面活性剤は次の7種となりました。

 

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)

  • アルキルグリコシド(0.1%以上)

  • アルキルアミンオキシド(0.05%以上)

  • 塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)

  • 塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)【5月28日追加】

  • 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)【5月28日追加】

  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

 

J-Wipesには上記活性剤が含まれていますか? 

はい、含まれています。

 

J-Wipesノンアルコール除菌シートには、以下が含まれています。

  • 塩化ベンザルコニウム > 0.5%
  • 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム > 0.5%

J-Wipesアルコール除菌シートには、以下が含まれています。

  • 塩化ベンザルコニウム >0.5%
  • エタノール 65%

 

新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を含むJ-Wipesは、これからも皆さまの事業や社員、会員の健康と安心を大いにサポートして参ります。

 

引用:報道発表資料(独立行政法人製品評価技術基盤機構)
https://www.nite.go.jp/information/osirase20200529.html

×
ようこそ!

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods